家の防犯対策の事例からセキュリティの強化方法を伝授
軽犯罪に分類される犯罪でもっとも発生件数が多い犯罪は何か知っていますか?
それは「空き巣」です。

また、空き巣に近く押し入り強盗なども多数発生しており、家だから安心とは言えない時代になってきました。
確かに外出した場合にも注意が必要になってはいますが、家の中でも安心することはできない、そうなると家自体の防犯セキュリティを強化する必要があります。

家の防犯で実践しているのは、玄関の鍵を変えることがもっともポピュラーな方法です。
また最近では家の鍵も電子錠を使っているところもあり、セキュリティが高く、また価格も高くなっています。
玄関は鍵を変える、または鍵を増やすことで対応することは出来ますが、では、家の窓はどうでしょうか?
空き巣被害にあった家の多くは玄関からの侵入ではなく、家の死角になっている窓から侵入されるケースが増えており、また窓ガラスは割ってしまえば簡単に侵入されることから空き巣によく狙われます。

そこで、ガラスを2重ガラスにする、または強化ガラスにするといった方法もありますが、これは値段も高く、鍵のように部分的に変更するのではなく、窓そのもの、サッシの部分も変更する必要があったりと大変お金が掛かってしまいます。

そこで利用される防犯グッズが、窓の鍵が簡単に開かないようにするカバーであったり、ガラスが割れてしまったときにブザーが鳴るようにした機器が販売されています。

防犯に役立つグッズは通販などでも簡単に購入することが出来ます。まずは、そとからみえるところを防犯セキュリティで高め、自分の家は防犯対策が完璧なんだぞ!!と空き巣に思わせることが大切です。
 




(C) 今日からでも役に立つ防犯を伝授。